貸店舗の仕事内容も

不動産の屋敷

また、不動産である貸店舗の場合は、どっちかというと、いろいろな仕事の形態があるために、内装をガラリとかえることが多く見られ、そのために、痛みやすいことがあります。
貸店舗の中で、そのようなリスクのない店舗というのは、事務所として貸すことになるということを経験でわかっています。
それに事務所の場合は、内装というのは比較的触ることがないことが多いのです。
このように貸店舗でも、その仕事の形態によって、その中身が痛みやすくなるのか、ならないのかで、かなり経年年数によって違いが出てきたりするのです。

不動産とは
不動産とは、土地及びその定着物のことです。
定着物とは、主なものは建物ですが、広告塔とか火の見やぐらとか、建物ではなくても不動産です。
土地も建物も別々に、不動産として名前と大きさと権利関係があります。
名前というのは、土地なら地番というもので、建物は家屋番号です。
大きさというのは、測量されているものは測量面積がその地番ごとに、計られています。
権利関係とは、誰がその不動産の持ち主であるかと、債務に関することがあります。

貸店舗の賃貸
貸店舗は、賃貸される商業用店舗のことです。
賃貸ですから持ち主は、そこで商売をする人間ではなく、別の人になります。
この賃貸借は、普通の住宅の賃貸借に比べて、大きく違いところがあります。
対象の物件が、店舗ですから前の借主が、店舗の状況で返却しているのかどうかというところです。
例えば、飲食店だったところへ飲食店の店舗は、入居しやすいですが、洋服屋は入居しにくい。
前の借主が現状のままで返却なら、洋服屋では店舗化するのに経費がかかります。

店のリフォーム
前の借主が、前の店舗のままで返却した店舗は、リフォームするのに解体から始めなければいけません。
前の借主が、解体をしてある状態での返却ならば、即リフォームに入れます。
リフォームは、何もない状態からなら設計もしやすいですし、見積もり予算も立てやすいものです。
このように一般に言う、居抜きの物件の方が他の業種にも貸しやすいし、リフォームもしやすいのです。
しかし、この物件は、返却する時は、元通り解体して居抜きの物件に戻して返すことになります。

推奨物件の特徴

不動産の大邸宅

不動産情報サイトでは、特に推奨物件をトップページで紹介して入居者を積極的に募集するケースが多いのです。
推奨物件は営業マンが特にお勧めしている物件なので、他の物件よりも賃料が割安で設備が充実しているケースが多いのです。
特にリフォーム済みの物件であれば、床のタイルを張り替えており壁紙も張り替えられている点が魅力的です。
また賃料値下げ物件もあり、今までよりも更に低コストで新規出店することが可能です。

短期間で開業
店舗を新規に開業するときには、物件を確保してから短期間でオープンの準備をすることが重要です。
そのためには入居契約時から内装工事の業者を探すなど、開店に向けての準備が求められているのです。
また飲食店であれば食材を確保したり、食器類も調達する必要もあるのです。
更にオープンに向けてチラシの配布などの宣伝も必要なのです。
したがって店舗経営者は、あらゆる面で段取りを整えてスピーディーに行動する必要があるのです。

リフォームはどっち
不動産である貸店舗のリフォームは、そこを借りる側からすると仕事にも直結することではありますが、大家さんとの契約の関係もあって、なかなかできないこともあります。
なぜできないのかということですが、これは、そのリフォームの費用をどのように分担するかといった問題などが出てくるからなのです。
この場合、大家さんとしては、貸す以上費用は、すべて借りて側に持ってもらい、その上で、その場所を出て行くときには原状回復をしてからという契約が無難なのです。

こんなケースもある
借り手側がそのような業者を知らず、紹介してほしいということと、その資金を賃貸料にいれてほしいと言われたときにできるのは、大家さんの紹介でリフォームを行うことにはなりますが、このような場合、基本的に指示は貸して側が行うのが原則で、大家さんは、必ず、保証金などに原状回復できる費用を追加しないといけないのと、必ず、出て行くときは原状回復を行って、ということが最優先になります。
このように契約を交わせば、大家さんとしも損をすることがないはずで、その条件を飲めないのであれば、契約はご破算という事にした方がいいのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031